必要に駆られてアンダーヘアの処理をする理由とは

私は特に水着を着る機会が多いということはなく、かといって派手な下着は好きですが人前で見せる機会もないのですが、アンダーヘアの処理はしています。

アンダーヘアを処理するメリットには様々なことがあるとされていますが、私の場合は特にそういった一般的なメリットだけのために処理をしているわけではありません。

他の人はどうかわかりませんが、アンダーヘアの毛が伸びてくることに対して、気にならない人はどれくらいいるのでしょうか。

 

アンダーヘアの処理を定期的に行うようになる前というのは、付き合っている男性が喜ぶからという理由でしか処理をしていなかったのですが、ある時忙しかったのかどういう理由があったのかは忘れましたがしばらくアンダーヘアの処理をせずに放置していたところ、アンダーヘアが生えている部分がなんとなく痛みを感じるようになったのです。

女性だし冷え性だし、膀胱炎になってしまったのではと不安になりましたが、とにかく毛が生えている部分に激しくはないけれどなんとなく痛みを感じていることは確かだったので、ふと考えてアンダーヘアの処理をしてみたのです。

すると、痛みは全くなくなりまた快適に気にすることなく過ごすことができるようになりました。

つまり、アンダーヘアを伸ばし気味にしていると下着の中でその毛が引っ張られ、それによって股間の部分に痛みを生じるようになるのではという結論に達したのです。

それからというもの、ある程度の長さになる前にベリーショートくらいの長さにまで処理をするようになりました。

処理方法としては、T字かあるいは眉剃り用のI字のカミソリで剃っています。

ブログやネットの記事などでは、カミソリは肌を痛めるので良くないと言われていますが、ここ何十年とカミソリで処理をして問題が起きたことはほとんどありません。

もちろん、肌がダメージを受けて色素沈着ができている可能性もありますが、今更誰か特別な人にその部分を見せることはないのでそのままにしています。